製薬会社の時短勤務の薬剤師求人をお探しの方へ

製薬会社の時短の薬剤師求人を探す

薬剤師業界は女性が多く、出産・育児に対する理解は深いと言われています。実際に結婚で退職しても、育児休暇後に復職する人も多くいます。ただし、製薬会社の場合は会社に育児時等の時短勤務に対する理解があるかどうか、実際に取得実績があるかどうかが大切になってきます。

これまでは男性のMRが多かったのですが、女性のMRも増えてきています。MRというのは激務と言われており、結婚してから妊娠するまでは続けていたとしても、「迷惑をかけているのではないか」と考えて、結婚や妊娠・出産を機に退職する人も多くいます。実際に、せっかく育てたにも関わらず、結婚のタイミングで退職したり、長期間離脱したら、それは大きな戦力ダウンになってしまいます。

なので、最近では社員が長く働いてくれたほうが生産性も上がると考え、積極的に女性の力を利用する会社も増えていますし、時短勤務制度を整えている企業も多くなっています。例えば武田薬品工業では、育児中の時短勤務制度としてのファミリーケアMR制度を設けたり、配偶者の出産に伴う特別有給休暇の取得を認めるなどの制度の整備を進めています。エーザイでは時短勤務制度の他にも、看護休暇などの育児支援制度があります。中外製薬では時短勤務制度の他に、出社時間の繰下げや就業時間の繰り上げを認める制度があります。その他にも多くの製薬会社で時短勤務制度の整備が進んでいますので、安心して勤務が出来る環境も整いつつあります。

実際に、時短勤務ができるなら出産後もMRとして働きたいと考える人もいます。そこで、前にも書きましたように時短勤務MR制度を作り、短時間勤務を認める動きが広まっています。勤務形態は色々とありますので、その辺りは企業によって様々ですが、自宅近くのエリアの施設を優先して担当できる、直行直帰が可能、転勤は行わないなどの配慮をすることで勤務を支援しています。

時短勤務MRの求人としては、数は少ないですが出てきているようです。ハローワークなどではなかなか出てこないものなので、薬剤師専門の転職支援サイトやMR専門の転職支援サイトで探すことが早道となります。また、時短勤務でMRとして働こうと考えた時、それなりにMRとしての経験があるかどうかが重要になります。ですので、未経験から時短勤務のMRを目指すのは全く可能性がないことはありませんが、難しくなります。また時短勤務の分、MRとしての成果を求められることも出てくる可能性があるので、成果が出せなければ会社に居づらくなるということも考えられます。そういうことを覚悟できれば、選択肢としては十分にありえますね。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む