ドラッグストアの時短勤務の薬剤師求人をお探しの方へ

ドラッグストアの時短の薬剤師求人を探す

どの企業も子育て世代支援の一環として、時短勤務制度を整備しています。改正育児介護休業法では、事業主に時短勤務制度の整備・施行を義務付けています。ですので、どの企業でも制度は作られていますし、申請されれば拒否することはできません。ただ、取りやすいかどうかは話が別です。実際に面接で育児中ということを理解してもらったはずなのに、休暇が取りにくいという事例もありますので、事前に職場の雰囲気などを確認しておくことが必要です。

薬剤師はどうかといいますと、薬剤師は女性が多い業界です。ですので、出産・育児に関する理解というのは以前から深いと言われています。実際に、出産・育児による時短勤務に関しては理解がありますし、子供が熱を出したなどの緊急時でも有給を取りやすい環境にあります。

ドラッグストアも育児中の女性にとっては働きやすい職場環境です。OTCであれば肉体労働的な側面もありますので、体力的にきついという面もあると思いますが、育児期間中などの時短勤務制度の他に、失効した有給の積立制度や子供が病気になった際の看護休暇など幅広い支援策を用意しているところもありますし、通常は小学校入学前ですが、最長で小学校3年生の学年末まで時短勤務ができますので、考え方によっては調剤薬局より働きやすいかもしれません。ただ、これも実際に取得した実績があるかどうか、取りやすいかどうかは話が別で、そのあたりのことは求人案内からは分かりづらく、職場見学や転職支援サイトのキャリアコンサルタントなどに聞いてみる必要があります。

ドラッグストアから出ている求人はハローワークで探すことも可能ですが、ハローワークの求人数はたくさんあるので、それだけに絞り込むのは手間もかかりますし、効率的とはいえません。結婚や出産・育児を考えている人で使っている人が多いのが、専門の転職支援サイトです。薬剤師専門の転職支援サイトなので、薬剤師の求人しかありません。また、公開求人だけでなく、非公開求人も持っているので、それらの中からドラッグストアの求人でより良い条件の求人を選ぶことができます。中でも一番大きいのは、給与や労働時間・残業などの諸条件の交渉を専任のキャリアコンサルタントの方が代行してくれることです。自分で探した場合は、自分で交渉しなければなりませんので、それだけでも利用する価値はあります。転職支援サイトを活用して、納得いく条件で時短勤務をしましょう。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む