調剤薬局の時短勤務の薬剤師求人をお探しの方へ

調剤薬局の時短の薬剤師求人を探す

少子化対策、子育て世代支援の一環として、どの企業も時短勤務制度の整備を進めています。改正育児介護休業法では、事業主に時短勤務制度の整備・施行を義務付けていますので、今はどの企業でも制度は作られています。実際に申請されれば拒否することもできません。ただ、取りやすいかどうかは話が別ですし、居づらくなって退職せざるを得なくなったというケースもあるので、事前に職場の雰囲気などを確認しておくことが必要です。

薬剤師の業界はどうかといいますと、薬剤師は女性が多い業界です。ですので、出産・育児に関する理解というのは以前から深いと言われています。実際に、出産・育児による時短勤務に関しては、取りやすい空気がありますし、子供が熱を出したなどの緊急時でも有給を取りやすい環境にあります。

その中でも、子育て世代もしくは育児期間中の女性にとって最も働きやすい職場が調剤薬局です。調剤薬局は女性の比率が高く、出産・育児に関する理解の深い薬剤師業界の中でも一番働きやすい職場です。その一番の理由が、もともと残業が少ないということです。また、出産・育児で時短勤務していた人も多くいるので、周囲に理解が深い人が多いのです。制度があるかどうかも大切ですが、理解があるかどうかも大切な要素です。実際に、結婚前は病院や製薬会社に勤務していた人も、結婚・出産後に復帰する際は調剤薬局を選ぶケースが増えています。実際に調剤薬局の求人を見ると、残業なし(もしくはほぼ残業なし)、時短勤務制度ありと書いてある求人が多くあります。そういうところは人気も高く、応募があってもすぐ決まってしまうので、早めに動くことが必要です。

ハローワークなどで探すことも可能ですが、ハローワークの求人数は膨大なので、その中から薬剤師の求人だけを探しだすのは手間もかかりますし、効率的とはいえません。結婚や出産・育児を考えている人で使っている人が多いのが、専門の転職支援サイトです。薬剤師専門の転職支援サイトなので、薬剤師の求人しかありません。また、公開求人だけでなく、非公開求人も持っているので、それらの中からより良い条件の求人を選ぶことができます。中でも一番大きいのは、給与や労働時間・残業などの諸条件の交渉を専任のキャリアコンサルタントの方が代行してくれることです。自分で探した場合は、自分で交渉しなければなりませんので、それだけでも利用する価値はあります。転職支援サイトを活用して、納得いく条件で時短勤務しましょう。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む