CROの時短勤務の薬剤師求人をお探しの方へ

CROの時短の薬剤師求人を探す

薬剤師は女性比率の高い職業です。そのため、比較的出産・育児に対する理解も進んでいて、時短勤務に関する理解もあると言えます。CROも比較的時短勤務に関する理解も深く、制度が整備されている職業と言えます。実際に、子供が小さいうちは時短勤務で子供を迎えに行く時間帯には業務終了できる雰囲気があります。

CROというのは、製薬会社が新薬を開発する際に行う治験を受託・代行する企業のことを言います。主な仕事というのは、モニタリング、薬事申請、臨床試験の企画支援、非臨床試験やデータマネジメント等があります。CROは様々な領域の新薬開発を見ることができることが魅力で、医薬品業界自体今後需要が見込まれますので、CROも成長する余地がある業界です。

CROの面接を受ける際の注意点は何でしょうか。まずはCROでどんな仕事に就きたいかです。職種としては数多くありますので、この職種のどこに魅力を感じたか、どんなやり甲斐があるかなどきちんと把握しておかなければなりません。また、薬剤師が病院や調剤薬局に就職する際は資格が重要視されていて、面接はそこまで重要ではありません。しかし、CROの場合は企業になりますので、自己PRや志望動機が何より重要視されます。CROでよく訊かれる質問がどうして自社を志望したのかということです。CRO自体、業界内で差別化ができていないという問題を持っています。そのため、志望者にもどうして数あるCROの中でここなのかという質問をされることが多いのです。ですので、実績のある領域や企業規模、研修体制などは把握しておかなければ、志望した熱意が伝わりません。

CROの求人自体はかなり多くありますので、比較的簡単に見つけやすいと言えます。やはり、CROへの就職を考えた際は薬剤師の転職支援サイトで探すことが一番の早道と言えます。薬剤師の転職支援を行っているので、薬剤師の求人しかありません。また、CROでは製薬会社で勤務をすることが多くなります。実際に少し距離があるところでの勤務を命じられることもあるかもしれません。しかし、育児などで時短勤務をしているときはなるべく近いところで勤務をしたいはずです。転職支援サイトに登録しておくと専任のコンサルタントがつきますので、事前にそういう条件を伝えておくと、それにあった求人を探してくれますし、交渉も行ってくれます。また、転職支援サイトに登録しておくと、面接時の注意点などについても、事細かく教えてくれます。面接にも同行してもらえますので、緊張せずに面接に臨めます。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む