正社員薬剤師の時短求人をお探しの方へ

時短制度がある正社員の薬剤師求人を探す

薬剤師は女性比率が高く、育児等での時短勤務に理解があり、そういった制度が整っているところが多くあります。正社員が時間短縮勤務で働く場合は、ずっと短時間で働くということはなく、育児や介護などの家庭の事情があり、それに伴う時間短縮勤務を一定期間利用するという考え方になります。

薬剤師が働いている職場で一番時間短縮勤務に理解のあるところといえば、調剤薬局やドラッグストアになります。どちらとも育児の時は短時間勤務が選択できる他、子供が熱を出した時でも有給が取れたり、看護休暇が取れるなど時間短縮勤務の制度が整っています。そのため、結婚前は病院や製薬会社にいて、退職した後調剤薬局やドラッグストアに転職する人も多くいます。ただし、小さい薬局であればぎりぎりの人数で運営している所も多いので、思い通りに休みが取れない場合もあるので注意が必要です。

製薬会社や食品、化粧品メーカーは、企業の考え方次第で大きく変わってきます。近年では、優秀な人材を手放さないために時短勤務を認めたり、看護休暇などの育児等に関する時間短縮勤務制度を整備しています。一番時間短縮勤務がしにくいのが病院です。病院はぎりぎりの人数で回しているところが多いので、どうしても退職せざるを得ない空気があります。

正社員を選ぶメリットとしてあげられるのが、時間短縮勤務時も職階が変わらないということです。短縮している分給料は減ってしまいますが、退職したとしてもその分の職歴は正社員としてカウントされます。正社員でも時短勤務制度を整えている求人は、調剤薬局やドラッグストアを中心にたくさんありますので、薬剤師専門の転職支援サイトやその他専門の転職支援サイトで探してみられることをお勧めします。注意点としては、時間短縮勤務を制度として整備していても、それを取りやすいかどうかというのは別問題になります。実際に求人と実態が違っていたり、規模が小さい薬局などではギリギリの少人数で回していると思ったところで休みが取れないということもありえます。そういったところは、転職支援サイトに専任のキャリアコンサルタントの方がいらっしゃいますので、その方に聞いてみると教えてもらえます。その他にも給与や残業・労働時間など様々な交渉事も代行してもらえますので、転職支援サイトを利用して転職活動を進めると、有利に活動できますので、時間短縮勤務制度がある求人を探している人には転職支援サイトの活用を勧めています。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む