短時間勤務制度を利用している薬剤師の福利厚生とは!?

短時間勤務制度を利用している薬剤師の福利厚生とは!?

比較的女性の多い職種として看護師や薬剤師がありますが、この2つの職種は他の仕事と比較して結婚や出産後であっても働ける職場が多く恵まれた環境にあります。その大きな理由は人手不足という点で、雇用する側としては女性が働きやすい環境を整えることにより人材を確保しようと努力しているのです。その為に、雇用形態も正社員だけではなくパート勤務や派遣という形態での採用もしていますし、短時間勤務制度など子育て支援制度を充実させている職場が多いです。その結果、仕事と育児を両立させながら活躍している薬剤師も多くいるのです。

そこで、仕事と育児を両立させながら薬剤師として働く場合に、短時間勤務制度を利用して正社員で働くのと、パート勤務で働くのとどちらを選択するかで悩むこともあります。パート勤務なら子育て中という状況が考慮されて、比較的正社員よりも職場から早く帰りやすい点があります。また正社員の短時間勤務制度は、制度として確立されているにしても、まだ周囲からの理解度は低いために短時間勤務制度を利用している薬剤師に対する態度は冷ややかという職場も少なくないです。このような現状から育児休暇を取得後に職場復帰して仕事と育児を両立しようとしても意外と大変なために仕事を辞めるケースも多いのです。その為、無理せず働けるパート勤務の方が働きやすい環境で最善の選択と考える薬剤師も少なくないのです。

しかし、短時間勤務制度を利用して正社員で働くことは、会社の制度に守られているという点でパート勤務と大きな違いがあります。短時間勤務制度を利用している薬剤師は、労働時間以外の条件は原則正社員と同じで、社会保険に加入しボーナスも支給されます。また、有給休暇・夏季休暇・育児介護休業・看護休暇制度など特別休暇制度の利用もできるなど、正社員勤務と同様の福利厚生制度を利用することが可能なのです。このように正社員同様の福利厚生制度を利用できることが、短時間勤務制度を利用する薬剤師の大きなメリットになるのです。

また、あまり意識することは少ないですが、パート勤務は経営者の独断で解雇することができます。しかし正社員に対しては独断で解雇することができないのです。この点からも正社員で短時間勤務制度を利用する方が、長い目で考えると安定した勤務の確保が可能という点でパート勤務よりメリットがあると言えます。短時間勤務制度を利用して正社員で働くのか、退職してパート勤務で働くのか、福利厚生や待遇などを考慮して、どちらを選択することがベストなのか検討すると良いです。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む