短時間勤務制度を利用して復帰をお考えの薬剤師へ

短時間勤務制度を利用して復帰をお考えの薬剤師へ

結婚や出産をきっかけに職場を退職する女性の割合が減少していると言われていますが、それでもなお半数の女性が一度職場を退職しています。

薬剤師の方も同じで出産をきっかけに一度職場を退職される方も大勢いらっしゃいます。その理由として薬剤師は他の仕事と比べて求人件数が多くあるため、再就職先を見つけるのにそれほど苦労をしないことと、子供ができてからはフルタイムで働くことが難しくなるからです。

育児に充てる時間を確保しつつも、産後の復帰を可能とする制度が、時短勤務制度です。時短勤務制度とは3歳未満の子を持つ親に対して、短時間の勤務を認める措置のことです。薬剤師の方で結婚をきっかけに短時間の勤務であるパートタイムの働き方に切り替える方もいらっしゃいますが、パートタイムでも場合によっては育児休暇を取得することが可能です。パートで育児休暇を取得する場合は、まずは雇用の期限について雇用主に確認する必要があります。期限付きで雇用されていた場合は、育児休暇を取得することができませんが、無期限の場合はその対象となるのです。また他にも一年以上継続して雇用されていること、一週間に3日以上の労働時間を確保しているなどの条件が揃えばパートでも育児休暇を取得できるのです。もしも産後も同じ職場で働きたいという希望があれば、条件さえ整えば育児休暇制度を取得できますので雇用先と相談してみましょう。

またパートタイム勤務に切り替えるときに、将来の出産を見据えてパートでも育児休暇を取得したり、短時間勤務を利用できたりする職場を探しておくのも手段の一つです。このようなことは、面接の時には聞きづらい質問ですが、とても大切なことですから事前に知っておいたほうが後で困りません。そのような内情を知りたいときに頼りになるのが、転職エージェントです。転職エージェントでは正社員だけでなくパートタイムの求人もたくさん扱っています。妊娠出産を見据えて時短勤務を希望してパートタイムで働きたいなら、そのことを転職エージェントのコンサルタントに相談してみるのです。コンサルタントは薬剤師の勤務先の情報にも精通していますので、女性が産後も働きやすい制度や環境が整っているところを選んで紹介してくれます。自分で探すよりも、働きやすい職場が見つかりやすいのです。またパートではなく時短勤務が取れる勤務先に転職することも可能です。その時も転職エージェントを利用して希望を伝えておけば、それに合う求人先を紹介してもらえるのです。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む