短時間勤務制度を利用している薬剤師は!?

短時間勤務制度を利用している薬剤師は!?

ライフスタイルの変化により育児と仕事を両立する必要が発生する薬剤師もいますが、そのような時にどうすれば良いのか迷うこともあります。このように薬剤師が育児と仕事を両立させるために考えることは、現在の状況で仕事にあてられる時間の量を考慮すると、どのような業種や雇用形態なら可能なのかということです。それからもうひとつは、子供が成長して大きくなった時のことを考えることも必要で、数年して子供が大きくなったら仕事に使える時間は増えてきます。

この2つの点を考えた時に、薬剤師としてどのような働き方ができるのかは、大きく2つの選択肢に絞られてきます。ひとつは、子供が小さい時期には勤務時間が自由に決められるパート勤務で働いて、子供がある程度成長した段階で正社員として働くといった選択肢です。もうひとつは、子供が一定の年齢になるまで勤務時間を減らせる短時間勤務制度を利用して勤務を続けるという選択肢で、これならフルタイム勤務への切り替えも比較的楽にできます。

薬剤師は人材不足と言う現状があることから、人手の少ない職場では特に育休や産休などによる離職を回避したいと考えている職場が多いので、育児と仕事を両立することは十分可能な職業と言えます。その為、積極的に職場で子育て支援に取り組む企業も多く、短時間勤務制度を利用している薬剤師も多くいます。ただ、法律で育休と産休が定められていて短時間勤務制度など様々な子育て支援制度があったとしても、実際に利用者が少ないために利用できないケースもあります。また、周囲の理解が得られないために退職を迫られる職場もあるのです。そのような職場もあることを理解して、短時間勤務制度を利用している薬剤師は、企業や周囲の方に対する感謝の気持ちを忘れないことが大事です。それと共に、自分以外の薬剤師が制度を利用する時には、積極的に協力してあげることです。

実際、短時間勤務制度を利用している薬剤師からは、この制度が利用できなかったら安心感をもって仕事を続けられなかったと感じているといった声もあります。また、制度を利用して育児と仕事を両立して勤務することで、薬剤師という仕事に対するやりがいや充実感が強くなったという声も聞かれます。こうした短時間勤務制度を利用している先輩薬剤師の声を参考にして、短時間勤務制度を利用して勤務を続けることをじっくりと考えてみるのもひとつの方法です。また、短時間勤務制度を利用するにあたって、収入や福利厚生・保険などがどのようになるのかも調べておくことも大切です。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む