薬剤師の時短期間はいつまで

薬剤師の時短期間はいつまで使える?

少子化や子育て世代支援の一環として、時短勤務制度を設けている企業が増えています。薬剤師は女性が多く、周囲に時短勤務に理解がある人が多いので、比較的制度も取得実績も整っているところは多くあります。

さて、時短勤務が使える期間というのはどのようになっているのでしょうか。これは、企業によってバラバラというのが実情ですので、実際に企業で規定されているものを例にして書いてみたいと思います。

これはとある大手ドラッグストアチェーンの実例です。まず、時短勤務を認める期間として、妊娠中の産前・産後休業に入るまでの期間5時間勤務を認め、出産後も対象となる子供が小学校3年生を修了するまでの期間、時短勤務を認めています。時短勤務時は終業時刻の繰り上げ、もしくは始業時刻の繰り下げ、両方変更といったことが可能です。また、その他にも子供が病気などの時は同じく小学校3年生修了時まで看護休暇を取得できるなど、制度が整っているところがあります。調剤薬局では多くの企業で育児期間の短時間勤務を認めています。時間については10時〜17時までなど通常の勤務時間より短く、期間は薬局によって様々ですが、小学校に上がるまでというところが大半です。ドラッグストアほど手厚くはないものの、保育園で急な熱を出してしまった時は有給を緊急で使えるようにするなど、支援体制は整っています。

近年制度が整いつつあるMRでは、出産後5時間の時短勤務が認められています。使える期間は、4歳までというところもあれば、小学校に入学するまでというところもあり、企業ごとにバラバラとなっているのが現状です。製薬会社MRの場合、取得はできても期間いっぱい使う人は少なく、時短勤務を使っている分成果を出さなければ居づらくなることも少なくないようです。CRAも時短勤務は使えるのですが、こちらも使える期間は企業によってバラバラです。

家庭を持ち、子育てしても働きたいと考えている人にとって、時短勤務制度が整備されているか、取得実績があるかどうかは非常に大切です。自分だけで探していたら、このような情報は入ってこないことが多く、雇用のミスマッチの原因になってしまいます。とは言ってもなかなか聞きにくいものです。支援サービスのコンサルタントであれば、時短勤務が可能かどうかなどの情報は持っているものです。転職支援サービスを使い、出産しても働きたい旨と時短勤務が可能な期間の希望を伝えた上で、求人を探すと満足いく勤務ができるのではないでしょうか。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む