時短勤務で働く薬剤師の有給休暇

時短勤務で働く薬剤師の有給休暇

育児や介護を理由に時短勤務をされている、もしくは今後希望する薬剤師の方も多くいらっしゃいます。もともと薬剤師は女性の割合が高い職業ですから、女性が働きやすい環境を整えることが優秀な人材を育てる、確保することにつながります。一定の条件を満たす労働者に対しては、有給休暇を付与することが法律により義務付けられています。有給休暇とはその名称の通り、休みを取得した場合でもそれが給与支払いの対象となる日数のことです。有給休暇は毎年一定の日数が付与されることになっていますが、それは有給休暇を受けるに値する条件を満たした場合に限ります。一定の条件を満たせば正社員だけでなくパートでも取得することが可能となりますが、時短勤務をした場合の有給休暇の扱いはどのようになるのでしょうか。

時短勤務制度を利用する前から継続して同じ職場に勤務されていた場合は、前年度消化しきれずに残っている有給休暇があります。有給休暇にも消化期限があるため、その期限内に消化するのが望ましいのですが、それが難しい場合は会社によって残った分を買い取ってくれるなどの措置をとってくれます。まだ有効期限が残っていて次年度に繰り越した有給休暇に関しては、たとえ時短勤務制度を利用した場合でも今まで通り使用することが可能です。

時短勤務制度を利用してからの有給休暇の付与日数ですが、労働日数によって日数が減らされることもあります。基本的には有給休暇とは働いた日数に応じて付与できる日数が決められています。そのため例え働く時間が少なくなっても労働日数自体が変わっていなければ前年度分と同じ日数の有給休暇を取得することができるのです。一方で時短勤務制度利用に伴って労働日数も前年度より減少してしまった場合は、付与される有給休暇の日数も減らされてしまいます。

利用に関してですが、今まで通り付与された有給休暇を使うのは問題ありませんが、それもまた職場の雰囲気によって使いづらかったりすることもあるようです。有給休暇を取得したくても、人手不足等の理由で休むことが難しいという職場も中にはあるのです。そのような職場を見極めるためには、最初に職場の内部事情等をしっかりと把握しておくことが大切になります。薬剤師の転職を専門で扱っているエージェントがありますが、ここでは雇用先に直接聞けないような有給取得率なども聞けますので、有給の取りやすさなども事前に調べることが可能です。登録や利用は無料ですから、今後転職するときのために登録だけでもしておくと役立つかもしれません。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む