薬剤師の短時間勤務のメリット・デメリット

薬剤師の短時間勤務のメリット・デメリット

薬剤師の有資格者で時短勤務を希望されている方も多くいらっしゃいます。そのメリットとデメリットについて詳しく紹介していきます。時短勤務のメリットは無理のない範囲で働けることです。時短勤務を希望される薬剤師の多くが、フルタイムで働けない事情があるからだと考えられます。時短勤務の理由で最も多いのが育児や介護に従事する必要があり、長時間の労働が難しいからです。無理してフルタイムの勤務と育児や介護を両立させようとすると、無理しすぎてしまって体調を崩したり、家族に八つ当たりしたりするなどの悪影響が出てくる可能性が高くなります。また完全に育児や介護に従事してしまうと、仕事のやりがいや面白みに携わることができず大きくストレスがたまります。働く時間を短くすることで、仕事と介護や育児をバランスよく両立できるようになります。正社員の方が時短勤務を利用された場合はお給料は減額されてしまいますが、その他の待遇については大きく変わらないのも時短勤務のメリットです。時短勤務で働けていない分はお給料としてもらえませんが、保険料に関しては減額されないように配慮してもらえますし、ボーナスももらえます。

薬剤師の場合は時短勤務の場合でも比較的高待遇が期待できます。他の職種やパートの時給と比べると薬剤師は待遇が良いのが特徴です。パートタイム勤務の場合でも最低でも時給は1500円前後が相場となっており、短時間の勤務でも他の仕事に比べると高いお給料がもらえます。また薬剤師の場合は求人件数も多いため、パートで仕事を探していても仕事が見つかりやすいのです。法律が改正されたことやドラッグストアの数が増えたことなどが後押しして、薬剤師の求人件数は増えていますし、その数が足りておらず求人数もたくさんあるため、短時間勤務でも条件の良い求人を選びやすいのです。時短勤務のデメリットとしては、お給料が減額されてしまうことと思ったようにキャリアが積めなくなってしまう点です。しかしながら時短勤務は一時的な事ですし、将来的にまたフルタイムで働けるようになれば挽回のチャンスはあります。

薬剤師の転職を専門で扱っている転職エージェントもたくさんあるのですが、転職エージェントを利用して転職活動することで、これらのデメリットや不安を解消しやすくなります。時短勤務制度が整っており多くの社員が利用している実績がある企業は、制度を利用したことでキャリアアップにダメージとなることも少なく働きやすい環境が整っています。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む