薬剤師の時短勤務は増加

薬剤師の時短勤務は増えてきている

少子化の時代子育て世代支援の一環として、家庭との両立を図りたい人にとって、時短勤務というのはありがたい制度です。元々薬剤師は女性が多いので、時短勤務に関して理解はある業界ですが、時短勤務は増えているのでしょうか。

結論から言いますと、時短勤務制度を整備している企業は増えています。調剤薬局は元々女性が多く、育児や家庭との両立に理解がある人も多いので、時短勤務にも理解はありますし、そのような求人も多くあります。大手チェーンに勤務している場合、保育園の近くに店舗があれば、そこに異動させてもらえる可能性もあります。ドラッグストアも同様で、理解があります。福利厚生制度の一環として、妊娠中や育児期間中の時短勤務制度を規定していて、実際に取得実績があるところがほとんどです。

また、CRA(臨床開発)も時短勤務に理解がある職種の一つです。CRAは特定の製薬会社で仕事するわけではなく、様々な製薬会社や医師、看護師と仕事をするので、出産後は時短勤務と在宅勤務を組み合わせて働いている人が多くいます。反対に企業次第となってしまうのが製薬会社のMRです。今の時代ですから、時短勤務制度を整備していない企業はほとんどありません。しかし、制度があるのと取得実績があるかどうかは別です。最近では時短勤務MRという募集も増えてきましたが、やはり未経験では就業できませんし、その分成果を出さなければ居づらくなるということもあります。製薬会社の場合は、ほとんどの企業で制度があって取得実績のある企業があっても、それが使えるかどうかは企業次第ということが言えます。

病院はどうかといいますと、やはりなかなか時短勤務を選びにくいところが多いようです。最近では、育児期間中は当直や残業をしないで済むように配慮しているところも増えてきましたが、特に病床勤務とかですとどうしても当直は出てきますし、個人のところでないと理解を示してくれそうなところがないのが実情です。

時短勤務の現状を業界別に書きましたが、子育て世代支援が言われているので、どの業界も制度は整えています。ただ、理解があるかどうか、取得できるかどうかは別の問題になりますので、なかなか取得実績の増加まで至っていないケースもあるというのが実情です。やはり、実際に取得実績を直接企業に問い合わせるか、復帰を考えた時に時短勤務に理解があるかどうかを転職支援サービスのコンサルタントに確認してもらうのが近道なのではないでしょうか。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む