薬剤師が働く企業の時短制度

薬剤師が働く企業の時短制度について

子育てや家庭との両立を図る人にとって、時短勤務というのはありがたい制度です。今の時代、そういった制度が全くない会社というのはほとんどないと思いますが、制度があることと、取得しやすい雰囲気があるかどうかは別です。育児休暇などと同じですが、その制度があっても、取得することに理解がない、周りからあまりいい目で見られないなどということがあれば、結局退職せざるを得なかったということにさえなりかねません。なので、時短勤務できるかどうかということを確認しておくことは大切です。

一番時短勤務が厳しいのが病院です。その理由としては、大きな病院では当直などの残業が発生するからです。また、研究を行う大学病院では、学会の準備期間や勉強時間のことを考えなければなりません。個人病院だと理解を示してくれるところもありますので、希望であれば確認してみてもいいかもしれませんが、子供が小さいうちは病院勤務を避けたほうが無難かもしれません。

薬剤師は様々な企業で働いていますが、一番時短勤務に対して理解があるのは、何と言っても調剤薬局とドラッグストアです。調剤薬局はもともと女性の薬剤師が多く、育児や家庭への理解がある人が多いので、比較的時短勤務もしやすい環境にあります。薬局は規模の大小によって様々ですが、大手チェーン勤務の薬剤師の方であれば、近くに店舗があればそこに異動希望を出せる可能性もあります。ドラッグストアの場合は、特に大手チェーンであれば、福利厚生の一環として妊娠中・育児中の時短勤務制度を整えています。調剤薬局やドラッグストアだと時短勤務への理解も深いですし、一旦退職したとしてもパート求人も多く、時短勤務で仕事を思い出しながら働くといったことも可能なので、他業界(病院や製薬会社など)で働いていた人も出産後に復職する際は調剤薬局やドラッグストアを選択するケースが増えています。

製薬会社も時短勤務に理解を示しつつあります。優秀な人材は手放したくないので、勤務形態の多様化を進めることで人材流出を食い止めています。例えばMRにおける時短勤務を選択した場合、勤務は週に3〜4日、平日と土日休み、5時間勤務ということも可能です。時短勤務を選択するメリットとしては自宅を中心とした施設の担当ができる、直行直帰が可能ということがあります。また希望勤務地のみでの採用もありますので、人気は高くなっています。ただ、その分未経験者では就業は難しく、時短を許してもらっている分成果は問われるということもありますが、MRでキャリアを積んできた人は時短勤務MRを選択する価値は大いにあるのではないでしょうか。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む