時短勤務で働く薬剤師の休憩

時短勤務で働く薬剤師の休憩

フルタイムで勤務をするときは必ず休憩時間が設けられています。その規定は勤務先ごとによって決められており、昼の時間とおやつの時間にそれぞれ休憩時間を取らせる、お昼にしか休憩時間を取らせていないなどそれぞれの勤め先ごとに対応が異なります。なぜ休憩時間が必要なのかというと、これは労働者を守る法律によって義務付けられているからです。労働基準法では6時間以上の勤務を従業員にさせる場合は、休憩時間を取らせることが雇用主に対して義務付けられています。

時短勤務を利用した場合は、休憩時間の規定に関しても対応が異なるのでしょうか。薬剤師として働いている方でも時短勤務を利用されている方が多くいらっしゃいます。時短勤務制度は各勤務先によって規定が異なりますが、所定の労働時間を時短勤務8時間として、時短の場合はそれより1時間か2時間労働時間を短縮しています。労働基準法では既定の時間以上勤務する者に対して休憩を与えることが義務付けられていますが、休憩時間に関しての対応は就業規則によってそれぞれの企業ごとに定められているのです。薬剤師の働ける場は様々ありますが、一般企業のようにしっかりと昼休みの時間が決まっているケースが少ないのです。例えば病院やドラッグストア、調剤薬局では昼休みの時間でも業務にあたる必要が出てくるため、交替制でお昼休憩をとる職場がほとんどです。

ところが混雑状況によってはお昼休みがまともに取れない、時間を短縮しなくてはいけない、お昼休みの時間が大幅に遅れてしまうことも出てくるでしょう。それでも休み時間を取る権利はあります。万が一所定の勤務時間内に休憩時間が取得できなかった場合については、就業規則等にその際の対応について書かれているかと思われますのでそれを確認してみましょう。もしくは直接雇用主に確認することも可能です。このようなケースが時々であれば仕方がないのかもしれませんが、慢性的に続くようであれば困ります。誰でも長時間勤務を続けていると体力的にも辛いですし、集中力も途切れてきます。休憩時間はリフレッシュや休息をとるために必用な時間であり、それがあることである程度長い時間働くことができるのです。

休み時間がきちんと取得できるのかどうかは、職場によって異なります。今後転職を考えている方で、きちんと休み時間が取れるかどうかが気になる方は、転職エージェントを利用して休憩時間の取得状況を聞くことができます。

薬剤師の時短求人を探すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む